障害年金の重要性

18年04月12日

病気や怪我で障害を背負ってしまった場合、以降の生活は大きく制限されてしまうことでしょう。生活そのものはもちろん、困らされるのが金銭面なはずです。それまで普通にできていた仕事も、それによってできなくなってしまい、収入が減る、もしくはなくなるといった状況に至りかねません。障害があるとなれば、通院や補助の関係から、生活にかかるお金は一層高くなることでしょう。症状が重く、一人暮らしなどとなればなおさらです。

障害年金その点、利用できると嬉しいのが障害年金です。その名の通り、障害があることで受給に期待が持てる、障害者専用の年金システムとなっています。通常の保険とは少し異なりますが、日本年金機構が運営している正規のものなので安心してください。また、年金だけでなく一時金を手に入れられる場合もあります。重い障害でなくても受給対象になれる可能性があるため、詳しく知る価値は大いにあるといえるでしょう。

ですが、やはり無償でお金がもらえるわけですから、審査は比較的厳しいです。明確に定められた受給要件にあてはまらなければ、受け取ることはできません。そのため、障害年金を検討するのであれば、まずは受給要件を理解して、自分が該当するかどうかを考えてみてください。考えなしに申請して審査を落とされてしまっては、時間や手間のムダとなってしまいます。以下では、障害年金の受給要件そのほか特徴についてご紹介しています。これらを参考に、じっくり検討してください。